七尾線を訪ねて
1972年11月


 冬になる前の11月、「C56」の走る
「七尾線」を訪れました
「C56」のほか、「C11」の引く
「ふるさと列車・おくのと号」も走りました

能登鹿島駅
「C11-328」
ふるさと列車「おくのと号」
金沢ー七尾間は「C58」が
七尾ー輪島間は「C11」の担当
 


「C11-328」
1946年04月26日、日本車両・名古屋で新製
広島を経て
1971年03月、七尾
1974年08月08日、廃車




能登鹿島駅
「C56-124」
下り貨物の到着
左に見えるは、
七尾北湾と能登島


「C56-124」
1938年03月05日、三菱重工・神戸造船所で新製
麻里布-備後十日市を経て
1942年01月、七尾

1974年4月、木曽福島へ
1975年03月18日、廃車
長野県明科村、龍門淵公園
公民館前に保存・展示




冬に備えスノープローが装備



形式入りプレート



 キャブ、神戸三菱の製造版



能登鹿島駅を出発



中井ー穴水
穴水隧道?



穴水駅
穴水駅を出発する「C56-124」



 和倉駅に停車中の「C56124」
現在は電化され、和倉温泉駅に改名




場所は不明
「C56-124




おまけ
「キハ55」
急行「能登」?







2






SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO