九州への旅路
1971年3月30日〜4月4日

関西本線・加太
3月29日


2日目は関西本線に寄りました
すでに、名古屋ー亀山間は
無煙化となっていましたが
亀山から先はD51の天下でした。
集煙装置と重油装置の
山岳重装備のD51が重連で
加太峠に挑む有名な場所でした
あいにく天気が悪く、
朝は濃い霧で視界も悪かったのですが
迫力だけは充分満足できました。

亀山の駅か?
客車1両、荷物車3両



亀山機関区
「D51」や「キハ35」が並ぶ




SLだらけで空が暗いです



「C50-154」
糸崎以来の再会、デフが無くなってる


「C50-154」
1939年02月09日、三菱造船・神戸で新製
田端-尾久-成田-大宮
桐生-小山-糸崎を経て
1970年10月、亀山へ
 1973年04月、廃車  

三重県、関町・観音公園に保存
亀山市、国民宿舎関ロッジに移設・保存




「D51-2」と「D51-468」
2両とも「稲沢一」の所属、亀山でひと休みか


「D51-2」
1936年03月26日、川崎車両・兵庫で新製
稲沢-大垣-中津川-多治見を経て
1955年10月、稲沢一へ
1971年12月13日、廃車

大阪市交通博物館に保存・展示
津山まなびの鉄道館に移設、保存・展示



「D51-468」
1940年05月31日、汽車製造・大阪で新製
新鶴見-宇都宮を経て
1960年06月、稲沢一へ
1971年08月19日、廃車





「D51-613」
加太を出発の重連貨物


「D51-613」
1940年05月31日、汽車製造・大阪で新製
新鶴見-宇都宮を経て
1960年06月、稲沢一へ
1971年08月19日、廃車



30年後の加太駅
ホームがかさ上げされ、跨線橋も
2001年11月5日




後藤式集煙装置から
吹き上げる、ばく煙




機関士の顔も引き締まる



後部補機も力強く、後押し



 「D51-1013」
鉄ちゃん見送りの中、加太を出発


「D51-1013」
1944年06月24日、三菱重工業・三原で新製
亀山を経て
1962年08月、奈良へ
1972年11月07日、廃車




30年後の加太駅
車止めは昔のままかな
2001年11月5日




後部補機も続くが、皆は後追い



 「D51-718」
加太の築堤を貨物がのぼる


「D51-718」
1943年07月11日、日立製作所・笠戸で新製
小郡-長町-一ノ関-釜石-盛岡-竜華を経て
1970年05月、亀山へ

1972年10月、奈良-紀伊田辺へ
1974年05月22日、廃車

一宮市、大平島公園に保存・展示



短い貨物にも後部補機がつく



朝もやの中に消えていく、重連



「D51-613」
オールグリーン車、「スロ81」?


経歴前掲



 築堤をのぼる、後部補機



 
 「D51-452」
加太隧道を抜けて


「D51-452」
1940年02月28日、汽車製造・大阪で新製
原ノ町-長町-一ノ関-青森を経て
1967年07月、竜華へ
1972年05月11日、廃車

青梅鉄道公園に保存・展示




 全身、煙に包まれる



青梅鉄道公園に保存されている
「D51-452」、集煙装置もそのまま




 
 加太隧道上からの俯瞰



 加太隧道に入る「キハ30系」






2















SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO