伯備線・布原信号場
1971年3月30日


伯備線の「D51三重連」にも寄る事としました。
三重連は午前中だったので
朝早く倉敷に着いた記憶があります。
あいにくと小雨模様でしたが
布原信号場に着くと
すでに沢山の鉄ちゃんがいて山肌に
へばりついていました。
私も鉄橋を渡って斜面の
わずかに空いていた場所に三脚を立てて
三重連を待ちました。

「三重連の発車」
信号場に黒煙が上がる、
時間だ!汽笛が
ボォー! ボォー! ボォー!
と3回鳴った!

回りから「来た!来た!」の声が・・・
自分も、来た、来たとつぶやく!

ドッ!、ドッ!、ドッ!
 ドッ!、ドッ!、ドッ!、ドッ!


「岡山へ向かう、「D51」単機回送」
お召し準備機?
飾り帯のようなものが着いてた




「D51-230」
長編成の旅客列車


「D51-230」
1939年02月18日、長野工場で新製
追分-尻内-福島-浜田-米子を経て
1967年07月、浜田

1973年05月、北見へ
1973年11月、廃車




「D51-902」
信号場から備中神代まで歩く事に(若かったなー)
途中で後から汽笛が・・・、
後部補機付の貨物列車がやってきました



「D51-902」
1944年01月18日、三菱重工業・三原で新製
福島-郡山-福島-富山-木曽福島
1971年12月、廃車

資料によると「D51-902」は伯備線担当の
機関区には配属されていません
だとすると予想ですが
1971年頃、木曽福島から米子とかに
転属か貸出があった可能性があります
写真が不鮮明で確実ではありませんが
どう見ても「D51-902」としか見えません
また、集煙装置が後藤式に比べ
若干大きめの長野式にも見えます

 
 


「キハ20」の普通列車


「キハ181」の「特急・おき」試運転







2









SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO